パワーストーンの審神〔さにわ〕

審神と言うと難しい書き方で何か神妙な面持ちだが内容はたいした事ではない。第四の神々が言っている事を伝えるだけの事だ。
要は、審神と言う意味を少し広げて、その者や品物を見極める場合にも使用する。例えば何かに憑依された者や品物を審神して、そのものの真意を確かめる時にも使う。
陰陽師が営む石屋が、巷にある石屋と同じではおもしろく無いだろうと言う事で、第四神相に住む神々〔ビーナス等の女神〕や霊獣〔龍神族・ペガサス等々〕、第六神相法界〔妖精界〕に仙界〔女仙・仙人・魔術師マーリン〕などに降臨して来るように声を掛けた訳だ。
すると堰を切ったように、予想以上に降臨してきてお陰で審神するのに大忙しだ。それも少しでも購入者の為に成れると言う事で楽しい作業だ。彼らはパワーストーンに入りそれぞれが持つ得意分野を活かして、購入者との縁や価値観が合えば、天律地律〔天と地の法律〕の範囲内で、持ち主のプラスに成る様に働く、言い方を変えると貴方の人生にとってプラスの後押しをする事に成る。もう一つの利点は、正・邪で言えば螺神梁の石はさざれ一粒でも正に違いないので、そのパワーストーンに更に神界勢力の者が入魂されると、購入者のそのパワーストーンのある場所の氣が良くなる事は間違いなく期待できる。
特に仙界〔女仙・仙人・魔術師マーリン〕系のパワーストーンは、彼らの溢れんばかりの仙氣のお陰で、魔界系の魔物や陀枳尼天は影を潜める事に成る。魔物に憑依されている方や、魔物と手を組んで霊能者遊びの真っ最中の者は、自分が魔物系かどうかの判断に使うといいだろう。 以下が有名な魔物の名称だ。
陀枳尼天・荼枳尼天〔だきにてん〕/非合思凝神〔ひごうしこりしん〕/堕伎尼天(だきにてん)という思凝神(しこりしん)
後は購入者自身のシックスセンス〔第六感〕を信じて、購入して頂ければきっと良いパワーストーンとの出合いが待っている。

※審神商品は審神<さにわ>代、効果・効能鑑定代、石代の合計が販売価格になります。



パワーストーンの内部構造。

螺神梁のパワーストーンは、私が神界〔第四神相法界〕と妖精界〔第六神相法界〕、仙界に声を掛けた事で、中身が見違えるほど輝きを増す結果となった。
皆さんが不思議に思う事を先回りして記述する。何故この小さなパワーストーンの中に沢山の神霊が入魂できるのか不思議に思うだろう。
量子の世界で言うと光や人の思い〔思念〕も粒の集まりだ。一つの物質を半分にし、また更にそれを半分にする。これを延々繰り返すと最終的に最後のこれ以上は半分に出来ない最後の一粒が残る。この最後の一粒はとても人の肉眼で確認できるサイズの物質ではない。
この最後の一粒の集合体が霊だと考えてみると、人間に比べると実に希薄な生き物だ。逆にパワーストーンは、この最後の一粒を集合させて硬い石を形成している訳だが、希薄な神霊にとってはパワーストーンの内部は石の規模にもよるが、ブレス程度の一粒のビーズの内部でも、一つの国ができるくらい広大な世界が広がっている。
映画『マトリックス』のようにコンピューターの内部も潜入すると高層ビル群のような摩天楼の世界が広がっている。これは既に内部に侵入して確認済みの真実だ。



パワーストーンの住人たち。

私が神界から招き入れた者たちは、どれも貴方にとって愛のキューピットだ。リラックスして心が落ち着いている時に、感性を研ぎ澄ませて良く吟味して注文してくれれば、必ず縁のある者と結びつくようにしてある。
パワーストーンが貴方との神縁を結ぶ訳だ。私は毎日、螺神梁通販サイトにウィンドショッピングに来店される方々とは挨拶を交わしている。 そんな縁者の為に、私が神界から招き入れた者たちだ。普段は貴方との縁があってもその依り代・憑代が無い事と、許可が出ない為に降臨できない。私が特別に依り代と降臨する許可を与えた事で集まる事ができた。貴重な品々ばかりだ。
霊感があるものは見てみると良いだろう。一つだけ言って置く事がある。彼らは皆、自らの意思により降臨してきた事でパワーストーンに入魂された。入魂とはしっかりとパワーストーンの中に依り代を持てたと言う事だ。従って家や会社の何処に置こうが、どの向きにしようが大丈夫だ。それともう一つ、パワーストーンの浄化やパワーアップとは別の次元の生き物だ。特別に浄化やパワーアップをする必要はないが、気が向いたら浄化をしてあげれば居心地が良くなる事は事実だ。


 

Copyright © powerstoneshop rashinryou 商号 : パワーストーンショップ螺神梁   代表 : 山下 款二
個人情報保護ポリシー 個人情報担当者 : [PRIVERCY]   特定商取引に関する法律に基づく表示